【最新治療】クレーター状のニキビ跡には肌再生医療がおすすめ

クレーター状に凸凹したニキビ跡はもう治らないと諦めていませんか?

これまで様々なニキビ跡治療をしてきたけれど、満足できる結果が得られなかった方も多いことでしょう。

ニキビ跡にもいくつかの種類があり、特にクレーター状に凸凹したニキビ跡は自然治癒が難しいのが現状です。

そこで、このクレーター状のニキビ跡治療におすすめなのが、当院で行っている「幹細胞治療」です。

最新治療による「肌の再生医療」で行うニキビ跡治療のため、何をしても治らずに諦めていた方も理想の肌に近づける期待がもてます。

本記事では、幹細胞治療について詳しく解説していきます。

クレーター状になったニキビ跡も「まだ諦めたくない」という方は、ぜひ参考にしてください。

 

ニキビ跡の種類は大きく3つ!特徴を解説

ニキビ跡も3つの種類に分類されます。

それぞれ症状や特徴が異なり、適している治療法も異なります。

次で詳しくみていきましょう。

 

赤みのあるニキビ跡

ニキビが落ち着いてから比較的日が浅いニキビ跡は、皮膚表面が赤くなる特徴があります。

主な原因としては、ニキビによる炎症がまだ残っていることがあげられます。

症状としては軽い場合が多く、自然と治ることも珍しくありません。

肌のターンオーバーを促すことが重要で、「ビタミンC誘導体」や「ビタミンE」、「トラネキサム酸」や「レチノイド」を含んだ外用薬が効果的です。

ビタミンC誘導体やトラネキサム酸などの薬剤を患部に送り届ける「イオン導入」や、「エレクトロポーション」による治療法などもあります。

 

色素沈着が起きているニキビ跡

色素沈着のニキビ跡は、ニキビができていた箇所が茶色や黒っぽくなる特徴があります。

ニキビによる炎症で肌がダメージを受け、活性化したメラノサイトによりメラニンが大量生成されることが主な原因です。

炎症の起きた赤いニキビ跡がそのまま色素沈着を起こすケースが多いため、初期段階のニキビ跡を放置しないことが重要となります。

赤みのニキビ跡と同様に、イオン導入やエレクトロポーションによる治療法を行うこともあります。

 

クレーター状(凹凸のある)のニキビ跡

ニキビ跡がクレーターのようになり、肌表面が凸凹した状態になるのが特徴です。

炎症によるダメージが表皮のみにとどまらず、真皮層まで影響を受けることで起こるといわれています。

ダメージを受けた真皮層はコラーゲンまで壊されてしまうため、肌の弾力が保てずに凸凹した状態になってしまいます。

ニキビ跡のなかでも症状が深刻なのがクレーター状で、残念ながら自然に治る可能性はほとんどありません。

多くのクリニックで行っているレーザー治療もクレーター状のニキビ跡には期待は低く、それどころか逆に肌を傷つけてしまうリスクもあるでしょう。

結論からいうと、クレーター状になったニキビ跡には最新治療がおすすめです。

 

クレーター状のニキビ跡は最新治療で治す

ポイントを解説する医者

冒頭でもお伝えしたとおり、クレーター状のニキビ跡には最新治療がおすすめです。

ここでいう最新治療とは「幹細胞治療」を指します。

肌の再生医療を用いた治療で、これまで治療が難しかったクレーター状のニキビ跡も、肌を再生させながら理想の肌へ近づけていきます。

では幹細胞治療とは、具体的にどのような治療をしていくのでしょうか。

ここからは、幹細胞治療について詳しくみていきましょう。

 

幹細胞治療とは?

幹細胞治療とは、もともと自身の体内にある幹細胞を採取してから培養し、患部へ注入することでダメージを受けた部位の修復を目指す最新治療です。

自身の細胞を利用して修復を目指すことから「再生医療」と呼ばれます。

様々な種類の細胞に分かれることができ、失った細胞や傷ついた細胞の組織を修復する役割があることから近年注目されている治療法です。

幹細胞は一つだけでなく、間葉系幹細胞や胎盤、骨髄や脂肪組織などから採取できます。

ニキビ跡治療だけでなく、糖尿病や脳血管障害、そして癌治療など大きな病気の治療にも採用されています。

では、ニキビ跡(クレーター)の治療ではどのような効果が期待できるのでしょうか。

次で詳しくみていきましょう。

 

凸凹したニキビ跡への幹細胞治療の効果

まず結論ですが、治療が難しいとされるクレーター状のニキビ跡も、幹細胞治療なら限りなく元の肌状態に近づけることができます。

当院のニキビ跡治療では、「間葉系幹細胞」を用いて行います。

間葉系幹細胞は細胞分化はもちろん、免疫の抑制腫瘍に集積していく特徴のある細胞です。

主に「皮膚細胞」、「脂肪細胞」、「筋細胞」、「軟骨細胞」、「骨細胞」など様々な細胞があり、それぞれ分化して形成されます。

クレーター状のニキビ跡においては、損傷した真皮層の細胞を修復しターンオーバーを繰り返しながらコラーゲンを再生することで自然な肌に近づけていきます。

 

クレーター状のニキビ跡にレーザー治療は適していない!?

医師のNGサイン

先でも少し触れましたが、ダーマペンやフラクショナルなどのレーザー治療では、クレーター状のニキビ跡の根本的な治療にはなりません。

なぜなら、レーザー治療は皮膚を傷つけて修復を目指す治療のため、満足のいく結果にならないことも多いのです。

最新治療の幹細胞を用いた治療は「再生医療」のため、皮膚組織を傷つけることなく修復を目指せる治療です。

ニキビ跡の治療にレーザーを用いているクリニックはまだまだ多いですが、ダウンタイムや副作用があることも頭に入れておく必要もあるでしょう。

深刻な副作用には、レーザーを照射することでケロイド状になり、かえってニキビ跡が悪化してしまうこともあります。

幹細胞治療も副作用がないわけではありませんが、注射する際に痛みを感じたり一時的に出血したりする程度なので数日で治まるケースがほとんどです。

 

ニキビ跡の最新治療に関するよくある質問

ここでは、ニキビ跡の最新治療に関してよくある質問に回答します。

Q1:ニキビ跡が起こる原因は何ですか?
Q2:凸凹したニキビ跡はスキンケアで治りますか?
Q3:ニキビ跡治療は痛みを感じますか?
Q4:凸凹になったニキビ跡には何回くらい施術が必要ですか?
Q5:ニキビ跡治療に保険は適用されますか?

事前にしっかり疑問点を解決し、不安のない治療を臨みましょう。

 

Q1:ニキビ跡が起こる原因は何ですか?

ニキビ跡の原因は、無理やり潰してしまうことで跡が残ってしまうケースが多いです。

目につきやすい部位なので気になるのはわかりますが、自分で潰さないように気をつけてください。

比較的軽いニキビであれば自然に治る可能性も高いです。

しかし、ニキビによる炎症で真皮層がダメージを受け、コラーゲンが破壊されてしまうとクレーター状に跡が残るものもあります。

クレーターのように凸凹したニキビ跡は症状が深刻で、治療も難しくなる傾向があります。

クレーター状になったニキビ跡は、一度医師に相談してみるとよいでしょう。

 

Q2:凸凹したニキビ跡はスキンケアで治りますか?

クレーターのような凸凹したニキビ跡は、残念ながらスキンケアでは治りません。

クレーター状になったニキビ跡は、皮膚の深部にある真皮層で起こっているからです。

皮膚に塗布するスキンケアは、基本的には表皮までしか成分が届かないため真皮層まではアプローチできません。

クレーター状のニキビ跡は、真皮層までアプローチできる施術をする必要があります。

最新治療の肌の再生医療なら肌の真皮から修復させることができるため、凸凹した跡でも元の肌に近い状態まで回復が期待できます。

凸凹したニキビ跡が気になる方は、まずは当院にご相談ください。

 

Q3:ニキビ跡治療は痛みを感じますか?

ニキビ跡治療は、施術によって痛みを感じやすいものと感じにくいものがあります。

例えば、ダーマペンやフラクショナルなどのレーザー治療では、痛みは感じにくい傾向です。

しかし、幹細胞治療は注射針を使用するため、注射の際痛みを感じることがあります。

痛みが不安な方は、事前に医師に相談しておくとよいでしょう。

 

Q4:凸凹になったニキビ跡には何回くらい施術が必要ですか?

最新治療(幹細胞治療)を用いたクレーター状(凸凹状)のニキビ跡治療は、平均して5回程度必要になると考えてください。

もちろん、症状の度合いにより治療回数に個人差が生じます。

幹細胞治療は、肌のターンオーバーを繰り返しながら皮膚の再生を目指すため、一度の治療では完了できないことがほとんどです。

最新治療に関わらず、その他の治療も1回では終わらないことが多いので根気よく治療に臨んでください。

最新治療の場合、通院頻度は2~4週間おきくらいを目安にしておくとよいでしょう。

 

Q5:ニキビ跡治療に保険は適用されますか?

ニキビ跡治療は美容施術に該当するため、保険は適用されません。

ただし、一般皮膚科で行っている軽度なニキビ治療においては保険適用されるケースが多いです。

その場合、抗炎症作用のある外用薬による治療がほとんどです。

当クリニックでは、症状が深刻なクレーター状のニキビ跡も間葉系幹細胞による最新治療で自然な肌に近づけることができます。

保険適用の治療では満足できる結果が得られなかった方も、ぜひ一度ご相談ください。

 

クレーター状のニキビ跡が気になるなら最新医療のご検討を

医者と注射器

ニキビ跡にも種類があり、軽いものから深刻なものまでその症状は様々です。

特に、凸凹したクレーター状のニキビ跡は症状が深刻なため、自然治癒はもとより簡易的な治療でも改善の期待ができません。

もともとの肌に近い状態までの改善を望むなら、適切な治療方法を選ぶ必要があります。

クレーター状のニキビ跡は皮膚組織が壊されて起こるため、肌の再生医療がおすすめです。

当院では、最新治療の幹細胞治療によりニキビ跡を治していきます。

レーザーのような肌を傷つけて修復させる治療法とは異なり、自身の肌細胞を採取し培養してから患部に戻す再生医療です。

細胞を傷つけることなく、自身がもつ再生能力で修復を目指す治療のため自然な仕上がりが期待でき、安全に治療が行えます。

クレーター状のニキビ跡に悩んでいる方は、ぜひ一度当院にご相談ください。詳しくはこちら

 

ニキビ痕の凸凹クレーター肌

は、治らないと諦めていませんか?

一昔前までは、根本的治療として皮膚移植が行われてきました。
しかしキレイになるはずの皮膚移植では、手術の痕が残ってしまう人も。

近年では医学の進歩とともに、ダーマペンなどのレーザー治療が誕生し注目を集めています。
画期的な治療と思われていましたが、ニキビ痕の症状によっては本来求められていた治療効果とは
ほど遠くなかなか理想の肌に近づけないという声も多く上がっています。

そこで今回は、注目を集める最新医療で行うニキビ痕の凸凹クレーター肌治療「幹細胞治療」について解説します。

【幹細胞治療について】
※当院は厚生労働省より認可された認定再生医療等委員会承認「簡葉系幹細胞専門クリニック」です。
※効果には個人差があります。
※治療効果を保証するものではありません。
※副作用:内出血、色素沈着、感染、採血針ほどの針痕など。
※治療の効果が期待できるまで数ヶ月ほどかかります。

ニキビ痕のおすすめ最新医療「幹細胞治療」とは

幹細胞とは、私たち一人一人が持っている細胞です。

例えば、皮膚をケガしたとしましょう。
怪我をしたところを修復するために、さまざまな細胞に傷を修復する力が備わっています。
つまり、失われた組織を補う力を持つ細胞のことを「幹細胞」といいます。(引用:
国立研究開発法人 科学技術振興機構

ニキビ痕の凸凹したクレーターを、気にする人が多いのではないでしょうか。
ここでは、ニキビ痕の凸凹におすすめの最新治療について解説します。凸凹肌が、あなたの理想の肌になるのも夢ではありません。

幹細胞治療

幹細胞治療とは、再生医療の一種です。患者様自身の

  • 骨髄幹細胞
  • 造血細胞
  • 脂肪細胞
  • 間葉系幹細胞
  • 造血幹細胞

を採取し培養したのち、再度治療箇所へ注入します。
人工物とは異なり、副作用が少なくダウンタイムがほとんどない点も魅力といえます。
興味はあるものの、馴染みのない幹細胞治療にたいし疑う人もいるのではないでしょうか。

幹細胞治療の研究は、海外でも多く行われています。
ハーバード大学・ジョージF.マーフィー医学博士は自身の行う研究で、母体の中で治療した胎児は傷が残らずに治癒することが多いのは間葉系幹細胞が多く存在するからではないかとインタビューに答えていました。

この研究結果から、彼は幹細胞治療が瘢痕(傷痕など)治療に置き換えることが可能であると明かしています。

PRP皮膚再生療法

PRP皮膚再生療法とは、患者様自身から採血した血液から血小板を取りだし治療する部位に注入する治療です。
幹細胞との違いを、下記の表にまとめてみました。

治療法 特徴
幹細胞治療
  • 幹細胞を採取し培養(増やす)したものを注入
  • 傷ついた部位の修復時指令によって呼ばれる細胞
PRP皮膚再生療法
  • 採血した血液の血小板を取り出し、濃州くしたものを注入
  • 傷ついた部位の修復ができるように止血し細胞たちを呼ぶ

血小板は、傷ついた部位を細胞たちが修復しやすいように止血し細胞を呼ぶ役割を果たします。
いわば、修復のスタートができるようにする入口。幹細胞は、血小板たちが整えた傷口に呼ばれる修復のエキスパートです。
どちらも、再生医療には欠かせない存在といえます。

PRP皮膚再生療法は、軽度のニキビ痕症状(黒ずみなど)に対しておすすめします。
第12回DDS再生医療研究会・第14回多血小板血漿(PRP)療法研究会(P38)」では、ケロイドに対する治療例が発表されました。
治療は、ケロイド部分を切除した後に血小板血漿を使用したものです。
つまり、凸凹した部位というより突出した部分を切除した部位の治療に有効であるということになります。

ニキビ痕とニキビの種類と治療法

ニキビ痕の種類によって、治療が異なります。
下記の表は、ニキビ痕およびニキビの特徴を治療についてまとめたものです。

ニキビ痕の種類 特徴 治療
凸凹クレーター状痕 ニキビができた時の炎症が、肌の深い所にまで達したため治療した後に凸凹になって痕が残る状態。
  • 幹細胞治療
  • PRP皮膚再生治療
黒ずみニキビ痕 ニキビ治療後の色素沈着
  • 抗菌成分塗り薬による治療
赤みのある
ニキビ痕
炎症が残っている状態。
肌に受けたダメージを細胞が修復しようとしている。
  • 軽度の炎症であれば、自然治癒
    する可能性がある。
  • 炎症が皮膚の深い所に達している場合、
    ビタミン誘導体を含む
  • スキンケア用品の使用やレーザー治療
急性炎症ニキビ アクネ菌が毛穴で炎症物質を作っている状態。
  • 抗生剤内服や塗り薬で治療
黄色いニキビ
慢性炎症ニキビ 若年層に多く見られる。
体質が影響し、発症すると数ヶ月から数年症状が続く。
  • イオウ製剤や抗菌作用のある塗り薬
  • イソトレチノイン内服

表を見て分かるように、炎症が深くなれば凸凹のクレーター痕となり自然治癒することはありません。
また若いころは、目立ちにくくても加齢とともに徐々に目立つケースがあります。

クレーター状の凸凹ニキビ痕があるために、メイクや外出を楽しめないのはもったいない。
ニキビの最新治療、幹細胞治療を受けメイクやオシャレをして堂々と楽しみましょう。

ニキビ痕にレーザー治療はおすすめしない

ニキビ痕の治療に、レーザー治療はおすすめしません。
治療そのものを、否定する意味ではありませんが思ったように効果をえられない可能性があるということです。
現在も、多くのクリニックでレーザー治療を取り扱うところがあります。

  • ダーマペン
  • サイトンヘイロー
  • フラクショナル
  • CO₂レーザー(培養皮膚を含む)

これらは、古くからある肌を傷つけて再生を促す治療です。
とくに。ダーマペンは多くの人が一度は効いたことがあるのではないでしょうか。
ダウンタイムがあったり、副作用で治るはずのニキビ痕がケロイド状になったりと副作用のことも気にしないといけません。

美容意識が高まる近年では、再生医療の進歩によりレーザー治療よりはるかに副作用やダウンタイムの少ない治療が可能になったのです。
米国政府の公式サイトにも、幹細胞治療による副作用が少ないという研究結果があると掲載されています。
(引用:
尋常性瘢痕瘢痕の治療のための馴化培地を用いた脂肪幹細胞 – PMC (nih.gov)

ただし、再生医療を行える医療機関は厚生労働省が認めた機関のみになります。
当院が幹細胞治療を行えるのは、厚生労働省より認可された認定再生医療等委員会より承認されている「簡葉系幹細胞専門クリニック」だからです。

よくある質問

ここまで、ニキビ痕の凸凹クレーター肌の最新治療である幹細胞治療について解説してきました。
ここでは、ニキビ痕の治療についてよくある質問に応えていきます。

間葉系幹細胞と線維芽細胞は同じですか?

結論から言うと、全く違うものです。

残念ながら、一部のクリニックでは同じように掲載されているサイトを見ます。
2つの細胞の違いは、下記の通りです。

  • 間葉系幹細胞=新しい血管を作る能力がある
  • 線維芽細胞=間葉系幹細胞が老化したもの

あなたは、老化した細胞と新しい血管を作る能力を持つ細胞とどちらを用いた治療を選びますか?
線維芽細胞と真皮および脂肪組織由来の間葉系幹細胞の比較」にて間葉系幹細胞と線維芽細胞の比較が掲載されています。

ニキビ痕の凸凹は幹細胞治療で完治しますか?

幹細胞治療では、ニキビ痕の凸凹を自然な肌へ限りなく近づくことができます。
ニキビを発症する前の完全な肌へ戻すのは、現段階の医療では難しいと言えるでしょう。

しかし自分の細胞を培養し移植することで、ダメージを受けた細胞が肌の内側から再生することが可能です。
そのため、当院の間葉系幹細胞治療を受けた患者様は、ニキビ痕の凸凹が目立ちにくい状態になっています。

ニキビ痕は自力で治りますか?

ニキビ痕は、時間をかけて自力で治るものと治らないものがあります。
というと、自力で治るなら治療の意味ないんじゃない?と感じる人もいるのではないでしょうか。

実査に自力で治るニキビ痕は極軽度のものに限られます。
とくに、凸凹のクレーターになってしまったニキビ痕は自力では治りません。
だからこそ、自然は肌に限りなく近づくことができる幹細胞治療をおすすめしています。

ニキビ痕ヴァンパイアフェイシャルは効果ないのでしょうか?

効果が、全くないわけではありません。
ニキビ痕のヴァンパイアフェイシャルは、PRP皮膚再生朗報とダーマペンで治療する方法です。

本記事の「PRP皮膚再生療法」で解説したように、ニキビ痕の凸凹肌を改善する入口にすぎません。
根本的に、内面から治療するのは幹細胞治療といえるでしょう。

ニキビ痕には最新治療の幹細胞治療がおすすめ

本記事では、ニキビ痕の凸凹クレーター肌の最新治療「幹細胞治療」について解説してきました。
当院は厚生労働省より認可された認定再生医療等委員会より承認されている「簡葉系幹細胞専門クリニック」として、日々ニキビ痕の凸凹クレーター肌に悩む患者様の治療を医学的根拠のもとに行っています。

ニキビ痕の凸凹クレーター肌がコンプレックスになる前に、最新治療の幹細胞治療で自身を取り戻しませんか?
少しでも興味のある方は、お気軽にご相談ください。
ニキビ痕のプロフェッショナルが、お待ちしております。詳細な治療内容はここから

住所 〒104-0061
東京都中央銀座4-3-9
TEL 03-6263-0634
(受付時間:11:00~19:00)
治療内容/ 料金(税込) 【スタンダード】
・PRP+自己真皮移植(症状が軽い場合)
・初回両ほほ約50万円〜(1㎝×1㎝約7,000円)
※範囲により料金変動の可能性あり
【プレミアム】
間葉系細胞1種類(脂肪幹細胞もしくは骨髄幹細胞)+スムース脂肪移植
※料金はお問い合わせください
【スーパープレミアム】
骨髄幹細胞を含む2種類の間葉系幹細胞、培養間葉系幹細胞投与+スムース移植
※料金はお問い合わせください
※スムース移植は当院のみが行える治療です

お気軽にお問い合わせ下さい。お待ちしています。